初めての人でも天神皮ふ科の魅力がわかる|情報満載の病院ガイド

ヘルペスの鑑別と治療

看護師

上手く鑑別してくれます

現代の社会はストレスが多くなっていますので、ストレスに起因する疾患が増加するようになりました。ストレスが増加すると、人間は交感神経が亢進した状態になります。交感神経が亢進した状態が続くと、免疫力が低下するようになるのです。免疫力が低下すると、いろいろな疾患が発生し易くなります。そうした疾患のなかで、しばしば問題になるのがヘルペスです。ヘルペスが問題なのは、治療の開始が遅れると、後遺症として疼痛が継続することが多いためです。そのためヘルペスは早期に治療を開始して、後遺症を残さないようにすることが大切になります。ところがヘルペスの初期の段階、はヘルペスであるか否かの鑑別が難しいのです。そうした点において皮膚科は、ヘルペスを上手く鑑別してくれます。したがってヘルペスが疑われるときは、早目に皮膚科に受診すると良いのです。

多角的に実施してくれます

皮膚科におけるヘルペスの治療としては、まず薬物療法を行います。その際にいちばん基本となるのが、抗ウイルス剤を使用することです。抗ウイルス剤とは、軟膏と内服薬の2種類を使用することが一般的です。ところが症状が強い場合には、それだけでは軽減しにくいこともあります。そうしたときには抗ウイルス剤を、点滴を用いて投与するのです。点滴を使用すると、静脈に直接抗ウイルス剤が投与されるので、即効性が期待できます。また疼痛が強い場合には、抗ウイルス剤だけではなくて、消炎鎮痛剤を併用することもあります。さらに後遺症として疼痛が継続する場合には、レーザーなどを用いて軽減を図るのです。このように皮膚科では、ヘルペスの治療を多角的に実施してくれます。

Copyright © 2016 初めての人でも天神皮ふ科の魅力がわかる|情報満載の病院ガイド All Rights Reserved.