女性は、中年にさしかかると不調が増えてくる。
まずはじめに気づくのはお肌の不調。そして、すっきりと起きられない朝が多くなる。
ホルモンバランスの崩れからくる体調の悪さ。人によって症状は違うけど、雨の日の前はよりだるさが増すなんて人も多い。
今でもこんなに不調なのに、間もなくやってくるであろう更年期障害が怖くなる。

更年期障害やその予備軍の中の症状のひとつに尿漏れがある。
咳やくしゃみをしたり、お腹に力が入った時に思わず尿を漏らしてしまう症状。40代女性の半数は経験があると言う。
恥ずかしいことだと誰にも言えず悩んでいる人が多かったが、最近はテレビで解消法が特集されたり、CMで尿漏れパッドが紹介されたりして、みんなが悩むものとしてオープンになってきている。

更年期障害による尿漏れには2種類あって、ひとつは、お腹に力を入れたときに漏れる腹圧性尿失禁。骨盤の中の筋肉のゆるみが原因で起こる。
もいひとつは、尿意をもよおしてからトイレに行くまで間に合わない切迫性尿失禁。膀胱炎や糖尿病、うつ病などの病気が隠されている場合がある。

どちらも原因がわかれば治療で改善できる可能性はある。

尿漏れは更年期障害の症状で、多くの人が悩んでいる病気。
まずは、恥ずかしがらずに、診察を受けてみることが改善への第一歩。
ほっといても、自分で直そうとしなければよくはならない。

イチ押しリンク

カテゴリー
  • カテゴリーなし